お近くのお教室はこちらから!

TOPICS

2018.7.27
第12回ウポワズを体験する集いを終えて

2018.6.4
7月〜9月のお教室変更・休講情報

2018.3.11
4月〜6月のお教室変更・休講情報

2018.1.19
2017.9.23〜9.30スリランカ アーユルヴェーダ研修旅行 感謝!

2017.12.29
1月〜3月のお教室変更・休講情報

2017.8.17
青森教室にて『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』勉強会を行いました

2017. 8.13
10月〜12月のお教室変更・休講情報

2017. 6.28
第11回ウポワズを体験する集いを催しました

2017. 6.13
7月〜9月のお教室変更・休講情報

» すべての記事

TEXTBOOK

ヨーガ・サンガティで現在使っているテキストです。

より理解を深められるテキストです。

これまでのヨーガ・サンガティで使ったテキストです。

ヨーガ指導者のバイブル。納得できるポイントがいっぱいで、ヨーガを好きな方はお手にとっていただきたい! お教室でご案内でき、お求めいただけます。

CONTENTS

LINK&LINK

*
  • ヨガ・ファン

Link Free!

当サイト「ヨーガ・サンガティ青森連盟公式ウェブサイト」はリンクフリーです。リンクはご自由にどうぞ。

URL:
yogaaomori.web.fc2.com/

ヨーガ・サンガティ青森連盟公式ウェブサイト バナー

注:バナーはお持ち帰りのうえお役立てください。この画像URLを使ってのご掲載は、サーバーへ負荷がかかりますのでお控えください。画像の上で右クリックをして「名前を付けて画像を保存」してください。


青森も、東京に負けず暑い!

「ハタ・ヨーガ・プラディーピカー勉強会」開講のご案内

「ハタ・ヨーガ・プラディーピカー勉強会」
名 称:「ハタ・ヨーガ・プラディーピカー勉強会」
会 場:更上閣(八戸市)
会 期:2018年93日(月)
午前のクラス 12:0014:30
夜のクラス 18:0020:00
受講料:5,000円
(勉強会3,500円+基礎クラス1,500円)
(青森連盟内の別教室の生徒さん→1,500円、
当教室の生徒さん→お授業の受講料に含まれます)


「ハタ・ヨーガ・プラディーピカー勉強会」を開講します。 ヨーガとは何か、がより一層理解できるお勉強会です。本場インドのヨーガの理解も深めることができます。成瀬貴良先生からインドの歴史、神話、哲学など、知的好奇心をくすぐる内容を複合的に教わります。 「ヨーガの在るインド」を体系としてつかめ、ヨーガにおけるサンスクリット語表現も学べます。受講された方は、アフター懇親会にもご自由にご参加いただけます。
予約不要で、単発の参加ができます。ご希望の方は当日お教室までお気軽にお越しください。

内 容:
テキスト『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー 前編
★成瀬先生の特別講義
★成瀬先生に質問できるフィードタイム©
★自由参加のアフター懇親会

講 師:
成瀬貴良先生(ヨーガ・サンガティ グループ代表)

持ち物:
テキスト『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー 前編』、筆記用具、動きやすい服装
※テキストはお教室で購入できます。

お問い合わせ:
TEL 0178-44-7213(イチサワ)、TEL 090-5185-3269(シミズ)、TEL 0172-87-3162(ナガオ)

基礎クラス(通常の授業)
- 実習形式。のびやかに体を動かして学びます。週1回。

「ハタ・ヨーガ・プラディーピカー勉強会」、「インドの叡智勉強会」
- 講義形式。基礎クラスの発展内容として、テキストを読みながら机で学びます。体を動かす実践もあります。不定期。通常の授業が終わったあとからはじまります。通う教室が主催する勉強会に無料で参加できることが、青森連盟の大きな魅力!
成瀬貴良(なるせ・きよし)先生プロフィール:

ヨーガ・サンガティ グループ代表。ヨーガ・ライフ・ソサエティ(Y.L.S.) 講師。アンダー・ザ・ライト ヨガスクール(東京・代々木)の全米ヨガアライアンス必須講義「ヨーガ哲学」担当。
昭和52年から度々、ヨーガの聖地インド・リシケーシにあるシヴァーナンダ・アーシュラムを訪れつつ、ヨーガ・サンガティを設立し、ヨーガの実践はもとより、ヨーガの様々な教典、インド哲学、インド神話なども絶えず学び研究なさっています。 様々な種類のヨーガが紹介されるなか「成瀬ヨーガ」といえば非常に有名で、インド古来からの伝統的なヨーガを現在まで40年以上引き続いて学び、地道に国内で教え伝えている数少ない学者です。


ヨーガとインドに関するブログ - 公式ブログ

SHARE THIS

\お好きな時からはじめられるんだ/
inserted by FC2 system